太湖の会(水墨画教室) 【絵画・水墨画】
                               


8月14日の教室の様子

「ドーサ引き」の練習風景

今回の教室では、墨絵の練習に加えて、「ドーサ引き」の練習もしました!

膠と明礬を水と混ぜて作る「ドーサ液」は、墨のにじみを押さえる為のものです。季節や、好みによって濃さを変えて引くので、膠と明礬のきっちりとした比率に囚われず、自分にぴったりの濃さを見つけることが大切!

ゆっくりと丁寧に、そして、若干薄めに引くのがポイントです。ドーサが濃すぎると、墨や絵の具をはじいてしまうんです。

ドーサは、生の紙に引きますが、既にドーサの引いてある紙に引きなおすこともあります。ドーサ引きの紙を長く保存していると、所々ドーサが抜けてしまう所が出てくるからです。

せっかく絵を描き始めたら、ドーサが抜けていたなんて悲しいですもんね!


では、今回の教室の様子はここまで!もっと詳しい様子が気になる方は、こちらのブログからどうぞ♪→http://ameblo.jp/ink-painting/


中野まなVIVAネット