この本だいすきの会 中野支部 にゃーごの会 【朗読・読み聞かせ】
                             


にゃーごの会大盛況のおはなし会

赤ちゃんから大人まで、楽しかったおはなし会
3月22日(日)2時〜3時45分 ゼロ西館学習室A
今年で4回目になる春のお話し会。昨年の2倍以上のお客様がいらしてくれました!

第1部 おはなしごっこ0・1・2

赤ちゃんから3才未満のお子さんとお母さん、おとうさんを対象に、わらべうたやお話し、絵本、体のふれあいあそびを通した子育てが、心を育てることを楽しく体験していただきました。
テーマは「ぞう」。まどみちおさんの歌「ぞうさん」をうたったり、手遊びをしたり。6か月の赤ちゃん象「ぞうのひめちゃん」の絵本を紹介しています。「まるさんかくぞう」「ぞうくんのさんぽ」も読み語りました。

   
ひめちゃんは、1日に牛乳を60本も飲みます。
ゾウの絵本もたくさん展示しました。

第2部 赤ちゃん絵本から少し大きい人向きの絵本までたくさん読みました!
休憩の後、第2部は9人のにゃーごの会会員が読み語りをしました。お姉ちゃん、お父さんお母さんたちが、いい雰囲気を作ってくださったので、赤ちゃんたちがリラックスできたのでしょうね。
長丁場をお付き合いしてくれたのでびっくりしました。なんてすごいのでしょう。どうもありがとう。
ご参加の大人の皆さま、有難うございました。また来年もこの季節にお会いしましょう。

 
「ぱっぴぷっぺぽん」パ行は発声するだけで楽しい。赤ちゃんも大好き。
「うんちっち」ぼくのおばあちゃんが読んでいるのでそばに来ちゃった。
「どうして?」みんなで一緒に「どうして?」と大声を出しました。


中野まなVIVAネット