花の会【俳句】
                             


2011年1月 句会報

2011年1月 句会報

音すべて風の言葉となる冬木  嘉幸
恋文を燃やせし後の寒の水   悦子
乾杯の歌の懐かし白椿     礼子
雪折れの音里の闇深みゆく   ふじ子
しぐるるや小江戸の町の時の鐘 ゆう子
佐渡の空はやトキの恋始りぬ  扶佐子
餌とり合ひ終り浮き寝の鴨の群 貞雄
九十の息で曇らす初鏡      きみ
枯蓮となり水までも失せにけり 静枝
今年こそ跳ねよと卯年の年賀状 美枝子
何もかも変わらぬまゝに去年今年 三那子
老いし夫袴きりりと今朝の春   八重子
百僧の声のひびける初大師    きく
亡き母の手編みのセーター暖かし 美智子
絵手紙の兎はみ出す年賀状    とく子
今年また今生を生く冬銀河    朝子
携帯もネクタイもない日向ぼこ  隼人
雪国の人もおどろく雪となる   弘
冬の星鏤む楡の梢かな      孝子
はらからの欠けし父の忌小豆粥  史
間伐の杉株匂ふ山始        進
初富士の白を纏いて凛と立つ  ゆき江
波の間にサーファー黒き冬の海 道子
寒酒をぐいと碁仇攻に入る    仁子



中野まなVIVAネット