新井の介護を考える会
                             


新井の介護を考える会の施設訪問活動


グループホーム「夢」を訪問
施設訪問の一環として、グループホーム「夢」さんを訪問しました。
施設の実際を体験することで、さらに認識を新たにしました。

夢へのエントランス

入口に続く導入路。
「夢」看板

閑静な住宅街に「ホームタウン友愛」の看板はあった。

確かにここである。グループホーム「夢」を確認。全員揃って訪問した。入口の安全を確保するためである。
夢 訪問後の説明を聞く

施設内を訪問し、責任者の山田さんから説明を受ける。
夢 ついぞ話に夢中に

認知症の方の様々な態様をうかがう内に、「こんな時は・・」「費用は?」「喧嘩はないのですか」「喧嘩しても、すぐ忘れて仲良くなってしまうんですよ。それが認知症です」と明快な山田さんの回答。
やはり、事実に触れて学ぶことの重要性が再認識された。

訪問者からは、認知症予防の話もと要望があり、9月開催の講演会の課題の一つを頂いた施設訪問でした。


中野まなVIVAネット