なかの生涯学習大学
                               


「学んだ成果を地域に活かそう」発表会が行われました!

「学んだ成果を地域に活かそう」発表会が行われました!
令和元年10月3日に、第3学年カリキュラム「学んだ成果を地域に活かそう」の行動計画発表会が行われました。

この講座は、自分たちの地域を調べ、これまで学んだことを踏まえながら、地域でできることを話合い計画としてまとめ卒業後の活動として実践する、という内容です。

これまでの受講生は卒業後、本講義をきっかけとして、まちなかサロンを開いたり、児童館で植栽を通じた児童との交流を行ったり、食品ロスに向けたレシピを考案したり等々、様々な活動を地域で実践しています。

今年も介護予防や健康寿命を延ばすための取り組みや地域特有の伝統芸能の活性化、世代や国境を超えた交流の場所の創出、防犯、食品ロス、等、皆さんで話合いながら様々なテーマの発表がありました。

第3学年の皆さんは、これから無理なく楽しい活動ができるよう、じっくり話合いを重ねながら仲間との絆を深めていただきたいと思っております。

今回の計画を実践することで、実践から得た学びが継続し、「学び」と「実践」をくりかえすことで皆さんの「生涯学習」が継続できるよう、事務局もサポートしていきます。



 
発表風景
発表風景
発表風景


中野まなVIVAネット