ホームページ 初めての方へ ログイン
ホーム > まちかど生涯学習 > 冷房病にご注意を!〜中野体育館〜
冷房病にご注意を!〜中野体育館〜
動きたくない、体がだるい。その原因は冷房病かもしれません。                              
 
日々暑くなってきています。この時期はなんとなく体がだるい、疲れやすい、肩こりや腰痛が起こるなどの症状はないでしょうか?
夏の暑さを快適に過ごす為の冷房は冷やしすぎると私たちの体には様々な悪影響を及ぼします。今回は『冷房病の原因と簡単にできる予防・対策』をご紹介したいと思います。

1.冷房病の原因
○私たちの体には環境の変化に適応できるような調整機能が備わっています。
ところが、夏になると冷房機で冷やされた部屋、オフィス、乗り物などの室内と、暑い外との温度差が大きくなり、その差を頻繁に体感しているうちに体の調整機能が乱れやすくなります。
体の調整機能が乱れてくると汗をかきにくく、体内に疲労物質や老廃物がたまり、だるい、疲れやいなどの夏バテの原因となります。
また気温差を感じなくても冷やされた部屋に長時間居つづけることにより、体の深部体温が低下するとともに、筋肉が過剰に緊張し、冷えや肩こり、腰痛の原因となります。

2.冷房病の予防と対策
○温度差を少なくする
室内の温度設定は27〜28℃にくらいにしましょう。
○お風呂で温まる
しっかりとお風呂に入り体の芯から温まることをおすすめします。38℃くらいのお湯にゆっくりとつかり体をリラックスさせましょう。
○体の中から温める
体の深部体温が低くなると全身症状が表れやすくなります。筋肉の温度を上昇させ、血液の循環をよくし体の中から温まるような軽いトレーニングや運動を行いましょう。

◆暑いからと家の中に閉じこもらず、日が落ちた夕方などに軽いウォーキングなどを行ってみましょう。また家の中でも簡単なストレッチや目を閉じて数秒間大きな深呼吸をしてみてください。自律神経を整えストレス発散にもつながります。
暑い夏だからこそ心身のバランスを整えていきましょう。
インフォメーション
●名称・場所 中野区立中野体育館
〒164-0001
中野区中野4-11-14
●連絡先 TEL 03-3389-3151
FAX 03-3389-3193
●利用時間 9:00〜23:30(日曜日・休日9:00〜21:30)
(早朝営業7月18日〜8月31日は7:00より開館)
●休館日 毎月第2月曜日(休日に当たる場合はその翌日)
年末年始(12月29日〜1月3日)
●アクセス JR、東京メトロ東西線・中野駅北口より徒歩7分
●定休日
●アクセス
●URL http://www.nakano-taiikukan.com
●備考
地図
 
 
 
トピックス
中野体育館では、様々なからだを動かす教室を開催しております。
自分のライフスタイルに合わせて、参加してみてはいかがでしょうか?

 
前の画面へ戻る
▲ページトップ