ホームページ 初めての方へ ログイン
ホーム > まちかど生涯学習 > 銀細工の世界へようこそ アートクレイシルバー『パピヨン』 2015/09/27更新
銀細工の世界へようこそ アートクレイシルバー『パピヨン』 2015/09/27更新
秋空が広がる土曜日の昼下がり、アートクレイシルバー『パピヨン』を訪れた。場所は中野の中心部に程近い「新井区民活動センター」。
「どなたでもお入りください」と言っているように開け放たれた入口の向こうが、『パピヨン』の部屋だった。中にいたのは『パピヨン』の主催者、中野薫さんと女性メンバーが4人。時には男性が参加することもあるそうだ。
中野さんは銀粘土技能認定者で、アートクレイシルバー倶楽部のインストラクターだ。この日中野さんが身に着けていたのは、柔らかな白い光を放っている素敵な銀のネックレスとブレスレット。もちろんご自身手作りのアートクレイシルバーの作品だ。
アートクレイシルバーとは、純銀の粉末と水分、結合材で練り合わせたもので、高温で焼くと99.9%以上の純銀になる粘土のこと。シリコン型で抜いたり、本物の葉にペーストタイプの銀粘土を塗って焼いたり、シリンジ(注射器)で透かし模様を作ったりと、様々な技法を使って自分の好きなものを作る。
「ブレスレットに付けるウサギを作りたいの」、「私はヨットの仕上げを」。 メンバーは銘々アートクレイシルバーの作品作りに没頭し始めた。中野さんに向けて彼女たちから次々と質問が飛ぶが、どんな質問にもすぐに答えが返ってくる。頼もしい先生だ。
彼女が趣味でアートクレイシルバーを始めて15年、新井区民活動センターで教え始めて10年になるという。作品展や子供向けの体験教室なども開催した。
私もシリコン型を使った制作を体験させていただいた。この作業が思いのほか楽しく、夢中になる。出来上がったものは、中野さんが電気炉で焼いてくれる。炉から作品が現れるのが待ち遠しい。メンバーの皆も、この時がわくわくする時間なのだという。
今を忘れて銀のアクセサリー作りに没頭する、こんな素敵な時間を一緒にすごしてみませんか。
インフォメーション
●場所 新井区民活動センター
●日時 原則第3土曜日 午後1:30から4:30
●会員 募集中
●FAX
●参加料 入会金なし
体験は2,500円(指導料と材料費)
9,000円で6枚綴りチケットを購入 指導1回1枚
材料費と道具代
●取材・執筆 なかの生涯学習サポーターの会 広報部門
http://tokyo-nakano.genki365.net/gnkn02/mypage/index.php?gid=G0000422
●連絡先 中野 薫 090-9206-7825
●メール kaoru-milmil@live.jp
●facebook https://www.facebook.com/artclay.papill
 
 
 
 
トピックス
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ