ホームページ 初めての方へ ログイン
ホーム > イベント・教室 > 区内コミュニティ・環境 > 古代を学ぶ会 2018年2月月例講演会
件名 古代を学ぶ会 2018年2月月例講演会
主催 古代を学ぶ会 【歴史・文化】 
イメージ画像  
日時 2018年2月21日(水) 14:00〜16:00 
締切日 当日受付 
会場 中野区産業振興センター(旧 勤労福祉会館) 3階 大会議室 
地図・案内図

(画像をクリックすると拡大します)
定員 80名 
対象者 古代の歴史と文化に関心のある方 
申込方法 当日会場受付 
費用 参加費 会員 1,000円、一般1,500円 
内容詳細 講演会
 演 題:山梨県甲州市ケカチ遺跡「和歌刻書土器」の発見から      
 講 師:人間文化研究機構理事
     平川 南 先生

 「山梨県からひらがなを刻んだ平安時代の土器が見つかった」と甲州市の教育委員会が発表したのは昨年の8月でしたね。
 
 その際平川先生(山梨県立博物館長)は「この時期のひらがなのみで書かれた和歌一首が出土資料として発見された例はなく、中央から地方へのひらがなの伝播を知る上で極めて重要だ」と評されました。
 
 今回はその重要性を存分に語って頂きます。和歌に関心のある方(古代史に関心がなくとも)是非会場に足を運んで、先生のお話に耳を傾けて下さい。





 

 
 


  
 








 
問い合わせ先 TEL&FAX:03-3330-8283(三浦) 
関連URL http://www.geocities.jp/kodaim1986 
この情報は、「古代を学ぶ会 【歴史・文化】」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ