ホームページ 初めての方へ ログイン
ホーム > まちかど生涯学習 > なかのZEROプラネタリウム
なかのZEROプラネタリウム
プラネタリウムは1972年3月に生まれて2017年3月に45歳になりました。
丁度働き盛りのベテラン選手です。ところで『プラネタリウム』とは星を投影する機械ということも忘れていました・・・
みなさんは知っていましたか?
 
今回は「なかのZEROプラネタリウム」をご紹介します。日頃気にはなっていたのですが、いつでも行けると思い素通りをしていました。
2月の投影スケジュールの「つづみ星」を探そう〜星の和名」のタイトルに心惹かれて入場しました。家族・カップル・一人で参加の人・・・様々でした。

 プラネタリウムは1972年3月に生まれて2017年3月に45歳になりました。
丁度働き盛りのベテラン選手です。ところで『プラネタリウム』とは星を投影する機械ということも忘れていました・・・・みなさんは知っていましたか?

周りが徐々に暗くなり中野の2月の星空が浮かび上がってきました。
さて「つづみ星」ですが、実はみなさんが良く知っている「オリオン座」だったのです。昔の人々は夜空を見上げていろいろな思いで名前をつけて呼んでいたのだと思います。ロマンチックですよね・・・・
まだまだ和名がついている星はたくさんありました。ここではとてもご紹介できませんので、是非『プラネタリウム』を見に行ってください。中野の街もすべての明かりを消すと『プラネタリウム』に映し出された星空があるそうです。そんなことを空想ながら、今の季節の空を見上げて見るのも素敵と思います。
インフォメーション
●場所 なかのZERO西館4F
●お問い合わせ 03-5340-5045
●URL http://www.nicesacademia.jp/zero/planetarium/
●取材・執筆 なかの生涯学習サポーターの会
 
 
 
 
トピックス
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ