ホームページ 初めての方へ ログイン
ホーム > イベント・教室 > 区内コミュニティ・環境 > 古代を学ぶ会 2019年8月月例講演会
件名 古代を学ぶ会 2019年8月月例講演会
主催 古代を学ぶ会 【歴史・文化】 
イメージ画像  
日時 2019年8月29日(木) 14:00〜16:00 
締切日 当日会場受付 
会場 中野区産業振興センター(旧 勤労福祉会館) 3階 大会議室 
地図・案内図

(画像をクリックすると拡大します)
定員 80名 
対象者 古代の歴史と文化に関心のある方 
申込方法 当日会場受付 
費用 参加費 会員 1,000円、一般1,500円 
内容詳細 講演会
 演題:皇極女帝の譲位論ー強制ではなかったー
 講師:学習院大学講師
    遠山 美都男 先生

 舒明大王の大后(きさき)(宝皇女)から舒明死後、大王となった皇極女帝が、乙巳の変後同母弟(軽皇子)に王位を譲り(孝徳天皇)、皇祖母尊(おおみおやのみこと)として孝徳の大化改新策に息子の中大兄とともに力添えしたことはご案内の通り。

 そして孝徳死後に王位に復帰し斉明女帝として飛鳥での倭京の建設に専心したことも。
 
 このような史書の記事からみると、譲位も重祚(ちょうそ)もあらかじめ計画されたようにも見えますが?
 
 果たして遠山先生は、史上最初の皇極譲位・重祚を、王位継承史の中でどのように位置づけられるのでしょうか。ご期待下さい。


 
問い合わせ先 TEL&FAX:03-3330-8283(三浦) 
関連URL http://kodaim1986.sakura.ne.jp 
この情報は、「古代を学ぶ会 【歴史・文化】」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ