なかの学び場ステーションまちかど生涯学習寒い季節を乗り越えられる身体を作ろう

寒い季節を乗り越えられる身体を作ろう

公開日:2021年11月07日 最終更新日:2022年07月05日
登録元:「生涯学習活動・支援コーナー」
秋も身を潜め段々と寒くなってきたこの時期、体調管理が難しくなります。室内で暖房が効いてるところから外気に触れ、温度差で体調を崩してしまう方も多いのではないでしょうか?この冬を乗り越える為には『運動』ではないでしょうか!?
紹介文

代謝をあげる。


"寒くなり、外に出るのが億劫になって運動を怠ると代謝が低下します。

寒いということを逆手に取り、外でたくさん運動しても暑さを気にせずに身体を動かすことができます。"

代謝が低下するとカロリーの消費がしにくく、ダイエットをしても痩せにくくなり
太りやすくもなります。また加齢により低下するともいわれます。

代謝低下を予防するためには、まず水を飲むことです。特に白湯や常温水は身体を温めて代謝向上が期待されます。

それ以外にも、筋肉量を増やすトレーニングをすることによって代謝が向上します。



●名称
中野区立
鷺宮スポーツ・コミュニティプラザ
●住所
〒165-0035
中野区白鷺3-1-13
●利用時間
平日・土日9:00~22:30
日曜日・祝日9:00~21:30
曜日により一般開放時間が異なる場合が
ございます。

その他詳細は当施設へお問い合わせください。
●TEL
03-3337-1771
●FAX
03-3337-3280
●休館日
毎月第4月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始他
●アクセス
西武新宿線鷺ノ宮駅より徒歩2分
●URL
www.nakano‐taiikukan.com
●備考
Topics
◎オススメの運動♪
代謝をあげるにはトレーニングをすることで期待されます。
"まずは、無理のない範囲で1日10回~15回程度の筋トレを1~3セット行ってみましょう。
ただし、筋肉が疲労したまま筋トレを行うのは控えましょう。
一般的に筋肉が疲労から回復する期間は部位によって2~3日かかると言われています。"
そのため、筋トレは2~3日に1回のペースで行いましょう。
ストレッチも代謝を上げるのに役立ちます。関節の柔軟性を高めるイメージがあるストレッチですが、同時に筋肉量を増やすこともできます。また、怪我の予防やリハビリ、疲労回復にもよいといわれています。
ストレッチのポイント
1.20秒以上かけて伸ばす 2. 伸ばす部位を意識する
3.痛いと感じるほどには伸ばさない 4.ストレッチ中に呼吸を止めないよう気をつける
5.目的に合った適切な部位を選ぶ
"少しでも体のことが気になる方は、代謝アップにつながる筋トレや有酸素運動、ストレッチなどの運動をしてみたり、無理のない範囲で代謝を上げる取り組みを生活に取り込んでみてはいかがでしょうか。

【鷺宮スポーツ・コミュニティプラザで開催中!おススメ教室★】

ウォーキング&スイム・・・ラクに泳ぐ・楽しく歩くを目標に水中運動と動きの教室です。
【月曜日】13:00~13:55(休館日・祝日を除く)

膝痛水中運動・・・膝痛予防・改善をめざして膝まわりを意識した水中歩行や水中トレーニングをおこないます。
【水曜日】11:30~11:50(休館日・祝日を除く)

エンジョイアクア・・・リズムに合わせて水中トレーニング・簡単なダンスを行います。初めての方にオススメ!
【土曜日】12:00~12:55(休館日・祝日を除く)

いきいき元気体操・・・日常生活に必要な筋力を様々な運動で鍛えます!家でも出来る内容なので是非!!
室内シューズが必要となります                         
【月曜日】13:30~14:30(休館日・祝日を除く)

イメージ

メイン画像

添付ファイル

添付ファイル 1

詳細

この情報は、「生涯学習活動・支援コーナー」により登録されました。

この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています