西洋美術を学ぶ会 【美術鑑賞】
                             


第8回講座開講!美術史家・佐藤よりこ先生

名作でたどる『美術史の旅』講座 第8回3月26日開催
第8回講座のテーマは、「美しき大聖堂、天空を目指す尖塔と七色の光の海」ゴシック美術 
12世紀半ば、北フランスで始まった当時「現代建築」と言われた新しい建築物は、後に「ゴシック建築」と呼ばれるようになります。“ゴシック”とは「ガリア人、ゴート人の方法」という意味で、ロマネスク(ローマ的)に対して蔑称として名付けられました。ゴシック美術の美学は「上昇性・垂直性」が特徴で、大聖堂などの建築によって上へ上へと表現され、様式は地域によって特色が見られます。もうひとつの要素は「光の形而上学」。ステンドグラスの七色の光が信者の心を照らし、精神を満たすと考えられました。
ゴシック建築、彫刻、ステンドグラスをプロジェクターの図像とともにご紹介します。

尚、次回第9回講座は、6月18日(日)に開催予定です。


機代表的なゴシック建築と大聖堂の扉口やステンドグラス、彫刻などの装飾

.僖蝓▲痢璽肇襯瀬狢臉仔押1163-1250年
▲乾轡奪大聖堂の西正面(アミアン大聖堂)
ゴシック大聖堂の扉口(シャルトル大聖堂)
だ仔加婆命沺淵蹈泪優好聖堂とゴシック聖堂)
ゥ▲潺▲鸞臉仔押⊃範見上げ、1220年着工、フランス
Ε汽鵝Ε疋暴て傘\仔押⊆歩廊と放射状祭室、1140-44年、フランス
Д僖蝓▲痢璽肇襯瀬狢臉仔押∪樟橘漫1163年頃-1250年頃
┘僖蝓▲痢璽肇襯瀬狢臉仔押∪樟橘椋姑盡テュンパヌム「聖処女の扉口」、1210年-1220年頃
パリ、ノートルダム大聖堂、北バラ窓、1250-55年頃
パリ、ノートルダム大聖堂、南正面、1258年頃-1270年頃
パリ、ノートルダム大聖堂、後陣の飛梁、1296年-1320年頃
パリ、ノートルダム大聖堂、ガルグイユ(嘴樋)、1296年-1320年頃
シャルトル大聖堂、全景、1194年頃-1250年頃、フランス
シャルトル大聖堂、西正面中央扉口彫刻、1145年-50年頃、フランス
栄光のキリスト、シャルトル大聖堂、西正面中央扉口彫刻、1145年-50年頃、フランス
葦瀉貎輿、シャルトル大聖堂、西正面中央扉口彫刻、1145年-50年頃、フランス
吋轡瓮ンと洗礼者聖ヨハネ、シャルトル大聖堂、北正面中央扉口彫刻、1205年-10年頃、フランス
伽司譴離┘螢競戰痛問と預言者ダニエル、シャルトル大聖堂、北正面左扉口彫刻、1220年頃、フランス
垣樟橘未了阿弔離好謄鵐疋哀薀垢料襦▲リストの受難(左)、キリストの幼年時代(中央)、エッサイの樹(右)、1150年-55年頃、シャルトル大聖堂、フランス
汗樟橘未了阿弔離好謄鵐疋哀薀垢料襦▲リストの幼年時代(中央)、1150年-55年頃、シャルトル大聖堂、フランス
21.受胎告知、西正面の中央ステンドグラスの窓、キリストの幼年時代、1150年-55年頃、シャルトル大聖堂、フランス
22.キリスト降誕、西正面の中央ステンドグラスの窓、キリストの幼年時代、1150年-55年頃、シャルトル大聖堂、フランス
23.北バラ窓、北正面、1230年-35年、シャルトル大聖堂、フランス
24.美しき絵ガラスの聖母、シャルトル大聖堂、内陣南側廊、1180年頃(?)、フランス
25.聖堂に明るい太陽が降り注ぐ時に堂内に観られるプリズム
26.ランス大聖堂、1252年-1475年、フランス
27.ランス大聖堂、西正面扉口、1252年-1475年、フランス
28.左 受胎告知、ランス大聖堂、西正面中央扉口右側壁、1230-55年頃、フランス 右 聖母のエリザベツ訪問、ランス大聖堂、西正面中央扉口右側壁、1230-55年頃、フランス
 
29.微笑の天使、ランス大聖堂、西正面左扉口左側壁、1245-55年頃、フランス
30.パリ、サント・シャペル、上堂、1243-48年、フランス
31.パリ、サント・シャペル、上堂ステンドグラス、1243-48年、フランス

名作でたどる『美術史の旅』講座 第8回「ゴシック美術」
供▲乾轡奪建築の伝播―北フランスで始まった新しい建築様式は、近隣諸国(ドイツ、オーストリア、イギリス、イタリア)にも広がりを見せました。

32.ケルン大聖堂、1248-1322年頃(西塔の大部分は19世紀)、ドイツ
33.ウィーン大聖堂、1304-1450年頃、オーストリア
34.ウェルズ大聖堂、西正面、下部1230-60年頃(南塔1365-86年頃、北塔1425-35年頃)、イギリス
35.ウエストミンスター・アベイ、ヘンリー7世礼拝堂ヴォールト、1503-12年頃、イギリス
 
36.ミラーノ大聖堂、1387-1577年及び19世紀、イタリア
37.シエナ大聖堂、1220年代-1348年頃、イタリア
38.フィレンツェ大聖堂(サンタ・マリア・デル・フィオーレ)、1296-1436年、イタリア


中野まなVIVAネット