親業でゆったりいこう会 【コミュニケーションスキル・体験学習・子育て】
                               


今だからこそ、親子のコミュニケーション術2012!

「親業訓練入門講座」、好評でした。

子どもを育てる時の「親の役割って?」何だと思いますか。
立ち止まって、みんなで一緒に考えると、なんともすごい一大事業のようです。

その一大事業を行う時、毎日毎日子どもとコミュニケーションをとっている親の一言、言葉のかけ方って、どんなに大事か体験してみます。

コミュニケーションの始まりは挨拶から。なるべくたくさんの方と知り合いになりましょう。
お互いに子育ての悩みを話し、聞きながら、「聞く」「話す」ことのトレーニングです。
親から子へ、子から孫へと「親業」で学んだコミュニケーションを伝えていけたら、とてもステキな人間関係ができる。

参加者の声 「残していきたい宝物がみつけられて、良かった!」
二週連続の講座でした。
二回目の時にも受講料を払おうとした方がいます。
「え、二回分であのお値段!」

一回分の受講料でもいいぐらい内容が濃くて、学びが大きいというのが多くの参加者の感想です。

宿題は、学んだことの実践。
宿題からも沢山の気付きと、確かな親子関係の変化を感じて、皆さん二回目が待ち遠しかったようです。

子どものことを話すことができて良かった。子どものことを話す・聞いてもらう、実はなかなかチャンスが無いです。また、いろいろな方の話を聞けてよかったです。/もっと学びたいと思いました。 子どもの声が大きくてうるさいと思ってましたが、しっかり話を聞いてあげるようになったら、小さな声で話をするようになりました。/話の聞き方を見直すことができ、子育てに自信が持てました。 家に帰って、子どもの話に耳を傾けられるようになった自分が嬉しかったです。/子どもの不安のサインは思った以上にあるんだと感じました。娘はたくさんサインを出していました。



中野まなVIVAネット