りんくる中野 【音訳ボランティア】
                               


10月15日(水) 講師に日本点字図書館館長   天野繁隆氏をお招きして講演会を開催しました♪

「日本点字図書館 デジタル化後の取り組み」

 りんくる中野では、今年も連続5回講座を開催中。第1回めは、10月15日(水)
に講演会を開催しました。当日は、日頃視覚障害者サポーターとして活動している、音訳者を中心に45名の参加がありました。

   
穏やかな表情ながら熱く語る!天野氏

日本点字図書館がめざすもの
 「福島県出身で、なまりがあり、シティーボーイにはなれなかった〜」とユーモアたっぷりにお話は始まりました。永年、録音図書制作や、その提供にかかわり、「必要とするものを、必要な その時 に提供して欲しい」との、利用者からの要望をたくさん耳にされたとのこと。ネット配信の利用により対応することが可能になりつつある現在、より便利に安定したサービスを目指して、様々な取組をされているとのこと。さらには、教科書バリアフリー法、改正著作権法、障害者差別解消法など社会の変化に伴って、日本点字図書館に求められる支援対象が拡大。視覚障害者だけではなく、ロービジョン、学習障害など「文字情報へのアクセスが困難なかたがた」への情報提供についても、サービス体制を整えていくことが必要との、館長の熱い思いを感じるお話の内容でした。具体的な取り組みとして、テキストデイジー、マルチメディアデイジーのお話も。
 講演会後の質疑応答では、「情報の発信のデジタル化が進む中で、その変化についていけず、ますます情報弱者になってしまう当事者の方々にも寄り添い、ボランティアとして活動していきたい」との声もありました。
 世の中のデジタル化の波は早く大きくて、とてもあがなえない状況。私たちサポーターには、何が求められ、自分には何ができるだろう、と考えるきっかけになったと、参加者から感想をいただきました。

 

   
質問にも丁寧に答えて下さる天野氏

りんくる中野では・・・
りんくる中野では、音訳活動にとどまらず、当事者の方がパソコンやデイジー再生機で読書できるように、お手伝いすることも必要と考え、今後も活動してまいります。11月21日、12月8日、デイジー再生機取り扱い講習会を実施します。くわしくは、イベント情報でご確認ください。なお、12月13日(土)には、当事者の方を対象とした、パソコン教室を午後2時から開催。詳しくは、NPO法人中野区視覚障害者福祉協会・りんくる中野 03−3383−4774までお問い合わせください。
 



中野まなVIVAネット